【第1目標達成!ネクストゴール「200万円」をめざします!】

全国の陸上競技ファンの皆様、本プロジェクトご支援者の皆様

こんにちは!大崎町陸上競技の聖地創り実行委員会です。


皆様からの支援の輪が広がり、終了まで9日を残して、目標としていた「100 万円」を達成することができました!

たくさんのご支援、本当に感謝しております。ありがとうございます。

嬉しいことに、プロジェクト目標額を達成した現在もご支援者様が増えており、大変ありがたい状況が続いております。


そこで、当初の目標を第1目標と位置付け、残った期間はネクストゴールとして「200万円」をめざし、引き続き大会を発信していきます。いただいた支援金については、大会運営費用、招待競技者アテンド費用、招待競技者の活動支援金、リターン品の準備として全額活用させていただきますが、 200万円を達成した場合、JAG種目(9 種目)に限り、優勝者へ報奨金をお渡しするこ とを計画しております。


私たちは、以下3つの目的を達成するために、クラウドファンディングへの挑戦を決意しました。


① コロナ禍でも大崎町から全国に発信できる陸上の全国大会を開催するため、大会は無観客で行うが、その様子はインターネット上で動画を配信します。


② 2020年に開催予定であった「燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会」に向け、精進を重ねてきた鹿児島県代表選手らにトップアスリートと試合をする場を提供し、競技力の向上を図り、アフターコロナを見据えた陸上競技大会を開催します。


③ 大崎町を「陸上競技の聖地」に。


今後、1月下旬に招待競技者の発表、2月初旬に全ての参加選手の公開を予定しております。情勢が変わる日々が続きますが、粛々と準備を進めていきます。


1月31日(日)午後11時まで期間は残っておりますので、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。